2018年2月スペイン

スペイン バルセロナの旅

 


 


Hola!2月はスペインはバルセロナへ行ってまいりました。

 


 


バルセロナのチョイスの理由は

 


1. 閑散期でお得に行けちゃう!

2. 他のヨーロッパ圏より少しだけ暖かく過ごしやすい

3. サグラダファミリアが完成する前に行ってみたかった!

 


 


他にもいろいろ理由はあれど、この3項目が決め手でした。

 


ではではバルセロナ BEST3です♪

 


 


 


第三位 ミシュラン2つ星 ABaC

 


私たちより数日前にバルセロナを訪れた先輩が「フランスよりおいしいフレンチ」と言って
お勧めしてくれた創作フレンチのお店へ。

 


実はわたくしバルセロナ滞在中が誕生日だったので、旦那様にお祝いしていただきました。

 


目にも楽しいとても愉快な料理の数々。

 


味はもちろん、日本食をイメージしたものもあってペアリングはまさかの獺祭!!!

 


 


バルセロナで獺祭飲むなんて思ってもみなかったので斬新でした。

 


英語はほぼわからずですが、一生懸命伝えようとしてくださる

サービスさんの心意気もあって、とても素敵な時間を過ごせました。

 


 




 

 


 


第二位 お買い物

 


バルセロナは中心部からバスで30分ほどのところにアウトレットがあり、

そこでスペインとスペイン近郊のブランドの品をショッピング♪

 


免税に加え、ツーリスト向けの10%割引もあって、

もともと30~50%OFFになっているのもあってとてもお得に買い物ができました♡

 


個人的にはスペインならではの斬新な絵柄のものが好きなので、

とっても好きな柄のワンピースをゲットできたのが一番うれしかった~

 


 


 


 

 


 


第三位 ガウディ やはりバルセロナと言えばガウディ。

 


もう街を歩けばガウディに出会います。

 


さらにバルセロナが素晴らしいのは、ガウディ作品の建物に今もお店が入っているので、

 


作品の中でお茶が飲めたりという体験もできます。

 


 


今回の目的である「サグラダ・ファミリア」に関しては、

 


 


もう天才と変態は紙一重というか、

どうしたらこういったものを建てる頭になるのか、

 


 


聖堂の中も風の谷のナウシカの腐海の底のような世界で、

 


そこにステンドグラスからの柔らかい光が入ってきて、

 


何とも言えない世界に誘われます。世界を旅するようになって、

ちょこちょこ世界遺産見ておりますが、

 


サグラダ・ファミリアだけは写真では良さが伝わらないので

 


ぜひ死ぬまでに一度訪れてみてほしいと思います。

 


 


 


 
 
 
 

 


 


 


個人的ベスト3はこんな感じでしょうか。

 


他には食事も日本人にあっているというか、

 


お米の文化があるので米恋しくなることはあまりなく、

サングリアも美味しいし、 個人的にはレモンビールにとてもはまり、

 


 


タパスも ピンチョスも魚介類豊富でおいしかったです。

 


 


 


またグーグルマップさえ見られれば、 街がこじんまりしているのもあって、

 


 


バスや電車に一人で乗って買い物行くのも結構容易なので、

 


 


ここなら一人旅できる!と初めて思った街でもありました。

 


 


 


そうそう、スペイン語圏なので、英語が話せないことにも寛容でした♪

 


タクシーの運転手さんなんかは英語話せない方もいるので、

 


 


お互い意思の疎通は身振り手振りとグーグルマップでした笑

 


 


そんなこんなで閑散期のバルセロナでしたが、

 


 


実はダリ美術館とモンセラットというパワースポットに行き損ねてしまったので、

 


 


 


近々リベンジしたいと思います♪